教育を受ける機会の少ないIT業界に 質の高い教育を提供する

AsianAcademy

代表メッセージ

企業の成長を支えるのは、エンジニアの成長。
双方の悩みを解決し、業界全体を支えることを目指します

IT企業の成長はエンジニアの成長があってこそのものですが、現在のIT業界では、教育を受ける機会が非常に少ない状況にあります。
特に中小企業においては、「スキルは各自が学んで身につけるもの」とするケースが多く、キャリア形成に悩む若手人材が転職スパイラルに陥り、次々と業界を離れています。

この業界においては「エンジニアの質を高めること」こそ、企業の成長のカギであり、教育はそのために必要な長期的投資なのです。

「コストや労力の関係上、自社内で教育研修の仕組みをつくることが難しい」。
私たちは、そんな企業の悩みを解決し、支援する環境をつくるため、「現場で役立つ実践的なカリキュラム」を提供していこうと考えました。
また、エンジニアのみなさんが働きながら学ぶことを前提に、徹底的に「通いやすさ、学びやすさ」を追求したプログラムで着実に成長へと導きます。
日進月歩で進化と革新を続けるIT業界において、その未来を支えるのはエンジニアの成長です。
私たちは新たな教育環境を提供することにより、企業とエンジニア、そしてIT業界全体の未来を支えることを目指していきます。

株式会社アジアンアカデミー
代表取締役 田邊 克重

役員紹介

代表取締役
田邊 克重 Katsushige TanabeBlog

1978年生まれ。大手Sierでエンジニア経験を積み、エンジニア不遇の業界構造に疑問を持ったことから、「エンジニアが安心して成長できる環境をつくりたい」と考え、起業を決意。2007年、「アジアンリンク」設立。自ら現場で活躍する中、エンジニア教育の重要性を実感し、09年、専門教育機関「アジアンアカデミー」を設立。自社内の教育環境の充実とともに、ワークライフバランス環境の整備に尽力し、業界内で異例の低離職率となる。15年、エンジニア教育に広く貢献したいと考え、「SUITE」プログラムにて外販カリキュラムをリリース。

専務取締役
宮川 浩史 Hirohumi Miyagawa

1978年生まれ。広告代理店の社内SEを経験した後、小規模SIにて営業を経験。仕事の流れや利益構造を学んだ後、フリーランスとなり、観光業や携帯キャリアなどのネットワーク設計・構築を個人で受託。2009年、アジアンリンクに入社し、SEとして活躍した後、組織づくりや法務、運営の取りまとめにも携わる。10年、役員に就任し、SI事業本部の事業統轄を担当。

常務取締役
金子 奏元 Sougen Kaneko

1978年生まれ。サービス業にてホスピタリティを学んだ後、当時、すでに起業していた田邊の誘いでIT業界に転職。営業として数年の経験を積んだ後、あらためて「会社の経営に参画してほしい」と声をかけられ、2010年、アジアンリンクに役員として入社。採用、教育、広報など、人材開発をメインに手がける。14年、アジアンリザレクションの役員に就任。現場のトップとして社内の組織づくりを行いながら、グループ会社全体の広報取りまとめなども担当。

会社情報

会社名 株式会社 アジアンアカデミー
本店所在地 〒140-0001
東京都品川区北品川1-8-20第2林ビル7F Access
電話番号 TEL:03-6718-4107/FAX:03-6718-4108
設立 2013年2月
資本金 2,000万円
代表取締役 田邊 克重
専務取締役 宮川 浩史
常務取締役 金子 奏元
関連会社 株式会社アジアンリンク
事業内容
  • IT関連資格取得事業
ページトップに戻る